特  長

エアードライヤとは

エアードライヤとは、圧縮空気中に含む水分を除去して乾燥空気を得るための機器である。水分除去の方法により、冷凍式、吸着式、膜式のものがある。

選定のチェックポイント

エアードライヤーを選定する際に気をつけたい点は、ピークの夏場を想定して欲しい事です。

エアードライヤーが活躍する時期は夏(5月から9月)と冬です。
特に夏は、入気温度を把握せずドライヤを選定している場、ドライヤが停止してしまうことがあります。入気温度とは、ドライヤに入ってくる圧縮空気の温度の事。入気温度が50℃よりも高い状態で、標準入気タイプ(RAXタイプ)を使用すると、高圧カットが働きドライヤが停止してしまいます。そして末端に水(ドレン)が溜まり、それがエアー機器等のトラブルを引き起こします。 入気温度が高い場合は、高入気温度タイプ(RAX SEタイプ)を選んで下さい。

また、対応したコンプレッサーよりも小さな能力のドライヤは選定しないで下さい。逆に1サイズ大きい能力のタイプを選定する事を勧めます。
スクリューコンプレッサーをお使いの場合は、アフタークーラーの付いているコンプレッサーなら、入気温度が比較的低いです。ただし、夏場の周囲温度が高いと冷えにくい事がありますので、余裕を見るなら、高入気温度タイプ(RAX SEタイプ)をお使い下さい。

エアードライヤー 仕 様

項目 冷凍式エアードライヤ
(冷凍式圧縮空気除湿装置)
標準入気温度 高入気温度対応型
型式 RAX75F RAX75F-SE
空気処理量
(50/60Hz)
m3/min 11/13
入口空気温度範囲/
出口空気露点
2~60/圧力下10 2~80/圧力下10
使用流体/
使用周囲温度範囲
圧縮空気/2~40
使用圧力範囲
(ゲージ圧力)
MPa 0.29~0.98



高さ mm 1102 1276
奥行 mm 1120 1260
mm 642 672
質量 kg 146 257
空気出口接続口径 2B 50A



電源
(50/60Hz)
V 三相200/200,220
消費電力
(50/60Hz)
kW 2.1/2.6,2.6 2.7/3.5,3.4
電流
(50/60Hz)
A 8.6/8.7,8.7 10.6/11.9,11.4
冷媒 R-407C

メーカーHP・カタログ

商品詳細のお問い合わせ

当社へのお問い合わせは、電話またはメールフォームにてお願いいたします。
メールフォームでお問い合わせの場合は、3営業日以内にご連絡申し上げます。万が一、回答が来ない場合は誠に恐れ入りますが電話にてその旨ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

お電話にてお問合わせ

  • 武部機械リース(株)   本  社   TEL 0767-28-2567
  • 武部機械リース(株) 七尾営業所  TEL 0767-53-1805

※電話受付時間        午前8:00~午後5:00

メールフォームからお問合わせ
エアードライヤー : エアードライヤーについての問合せ

 
件名 * 
メールアドレス * 
お名前 * 
会社 * 
住所 * 
ご用件内容 * 
送信確認 上記送信内容を確認したらチェックを入れてください
 

 * は必須項目です。

【注意】
このメールフォームはUTF-8対応CGIで送信するため一部の文字が文字化けする場合があります。また、携帯など一部の機種ではこのフォームからうまくメールを送れないことがあります。
その場合はこちらから直メールでおねがいします。