烏帽子山は通過、口三方岳は次回に持ち越し

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

本日5/6 GW最終日 は、昨晩の思いつきで登山することにして、セイモアスキー場向かいの山を登ってきました。

今回登ったルートがこちら…

奥獅子吼山・口三方岳・烏帽子山-2019-05-06 | YAMAP / ヤマップ
本日5/6 GW最終日は口三方岳・烏帽子山を登ってきました。 実際は口三方岳は残雪が多く時間的余裕がなくなったので断念して下山しました。 上り初めは烏帽子山からのルート、急登でかなり苦戦しました。 口三方岳からのルートと交わる当たりで下山

  

出発は6時頃、コンビニで朝食&昼食を購入。
到着はだいたい8時頃、準備して早速登山開始。

駐車はセイモアスキー場の所でしたが、マップではもう少し先にもありました。

 

その駐車場からピストンで戻ってきてもいいのですが、それでは味気ないのでグルッと一回りするルートを考えてここから昇ります!
倒木などで途中ルートから外れたりしてました…

 

この時期だからか標高1000m手前でこの残雪、ここはまだ少ない感じでしたが、登って行くにつれ日影や北斜面や窪地になるような場所多くなってました。

その雪が多くなってくるとルートがますます分からなくなるので、この様な目印やスマホアプリを確認する事が多くなりました。

途中の残雪に、この様な足跡が残ってました。
カモシカか何かですかね??

 

12時10分前で軽くお昼。
カップラーメンも食べる予定でしたが、時間的に考えてそんな余裕がありません…

12時過ぎ、鳥帽子山の頂上にようやく到着。
その奥に見える山は白山のようです♫ まだ雪はたくさんありますね。

次は口三方岳へ。一部尾根づたいに縦走します。
しかし、窪地?なのか残雪がかなり多いです。

反対側のルートに近づいてきた時に、横方向の足跡発見。
口三方岳に向かって登っても良かったのですが、時間的余裕が全くないのでこの足跡をたどって下山します。

 

このキツツキが突いた跡のある倒木の先の残雪、これが下山途中最後の残雪でした。

このルート、反対側と比べて道幅が広めです。
下山途中には中間地点の表示が。

そこから下って左側にこの様な小屋が・・・何する場所なんでしょうか??

先ほどの中間地点から約1時間で、ルート開始地点に到着。
最後のどれだけかは、かなりの急登でした。下山だから足が滑りそうでした。

車を止めた場所まではアスファルト舗装。
ここを歩いている途中から雨予報が当たり、大雨に・・・

出発から到着までの時間が約7時間30分。時間かかりすぎです…(^^;

途中カメラα6000で撮った写真がこちら・・・

5/6 GW最終日 20190506
本日5/6は登山に行ったときに、撮った写真のみの投稿です。 この時の様子がこちら…  
トップへ戻る