3度目のNASのデータ救出

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

本日4/16は、当社七尾営業所で使っていたNASが認識しなくなったので、自宅に持ち帰り前回同様にデータ救出を行いました!

そのNASはI・O DATAのこの型式HDL-CE1.0B。約7年前の製品ですね…

HDL-CEシリーズ | 個人向けNAS | IODATA アイ・オー・データ機器
パソコンはもちろんiPhone&AndroidのスマートフォンからもつながるIODATAのUSB&LAN接続対応ハードディスク「HDL-CEシリーズ」の製品概要ページです。

分解風景は検索すれば色々と出ているので割愛、中身のHDDだけを自宅に持ち帰ります!

HDDの接続は、自宅にあるデスクトップに直接つなぎます。

その後は手順は、前回行った下記のリンクのようにLinuxを起動して行きます。

前回に続き バッファロー NAS LS-CH1.0TL が逝っちゃった…
本日1/7は、自宅で使っているNAS(LS-CH1.0TL)のデータ救出を行いました! ...

Linuxが入ったUSBを差し、再起動。
このマザーボードの場合F12を押し、BOOT Menuの切替えで、
上から3番目「UEFI:UFD 2.0 Silicon-Power8G 1100」を選択し起動。

この起動画面で「boot:」の次に

を入力しようと探している隙に、そのまま起動してしまいました…

この画面は、検証のためその後の様子の写真です…

 

その起動した後は対象のHDDを探しだし、ほぼ全てのフォルダを選択。
元々このPCに繋がっているHDDに保存。

以外と早くコピーが終わり、Linuxを終了・・・

Windowsで再起動、HDDに保存した対象のフォルダ類を確認。
Linux起動前の時はWindowsでは認識してませんでした。が、再起動後のWindowsではそのHDDを認識してます・・・
たまたまなんでしょうね…、

コピーしたファイルサイズは、

・・
・・・

約1.8GB、思ってた以上に少ない容量でした・・・

明日にでも、新しいNASにコピーします。

トップへ戻る